労働保険事務組合 労働保険事務組合  > 労災保険制度




























60歳から65歳未満の被保険者の方が65歳時点の75%未満
の賃金で雇用されているときに支給され、高年齢雇用継続基
本給付金と高年齢再就職給付金の2種類があります。


 高年齢雇用継続基本給付金
□ 支給要件
60歳以上65歳未満の被保険者であって、60歳到達時の賃金の75%未満の賃金で雇用されているときに支給
されます。ただし被保険者であった期間が5年以上あることが必要です。
□ 支給額
支給対象月の賃金が60歳到達時の賃金の61%以下のとき
支給対象月の賃金月額×0.15
支給対象月の賃金が60歳到達時の賃金の61%超75%未満のとき
(-183/280×支給対象月の賃金月額)+(137.25/280×賃金月額)
ただし、賃金月額と上の計算式による支給額が「支給限度額」を超えた場合は超えた金額を差し引いた額が支給されます。また、支給額として算定された額が「最低限度額」を超えないときは支給されません。
□ 支給期間
被保険者が60歳に達した月から65歳に達する月までです


 高年齢再就職給付金
□ 支給要件
求職者給付の基本手当の支給を受け、その支給を100日以上残して、60歳に達した後に再就職し被保険者と
なった方が、直前の離職時の賃金の75%未満の賃金で雇用されているときに支給されます。ただし、その基
本手当の受給資格に係る被保険者であった期間が5年以上あることが必要です。
□ 支給額
高年齢雇用継続給付金の支給額の計算式において、「60歳到達時の賃金月額」を「直前の離職時の賃金月
額」と読みかえて計算します。
□ 支給期間
高年齢再就職給付金の支給を受けることができる期間は、再
職した日の前日における基本手当の支給残日数に応じて表
のとおりとなります。ただし、被保険者が65歳に達した場合は
表の期間にかかわらず、65歳に達した月までとなります。
基本手当の支給残日数 支給期間
200日以上
2年間
100日以上200日未満
1年間